転職のしやすい女性だからこそプライベートを充実させよう

私はプライベート重視するのでこれまでに20代のうちからプライベートをより充実できると思えるような仕事を見つけては転職し続けてきました。その結果いえることは、女性は転職をしても受け入れてもらいやすいということと、転職をたくさんしたからといって経歴に傷がつくようなことはないということです。

 

母からはそろそろいい年だからひとつの場所に落ち着けというようなことを言われるのですが、私は全くそんな気はありません。実際に転職のし過ぎで会社から白い眼で見られるようなことがあれば、真剣に考えるのでどの職場も今のところ快く受け入れてくれるので特にその必要はないと感じています。

 

私は今までにほとんど事務系や経理系の仕事をしてきたのですが、これらの職場を見ればわかるとおり圧倒的に女性が多いです。さらにこの手の職場は男性受けの良い女性であれば簡単に採用をもらうことができるので、これらの職場を選べるという選択肢があるだけで女性は転職に有利だといえるでしょう。

 

その間に良いパートナーを見つけた場合は寿退社として送り出してくれますし、そんな同僚を何度も見てきました。自分のプライベートに合わせてそれなりの仕事に就ける女性という性別に生まれて良かったと思います。

20代女性の転職でもキャリアに傷がつかない

女性の転職20代後半で失敗しない方法